学生時代バイトの給料日までは即日融資できる金融会社で借りてました

実家からの仕送り全くなし、奨学金で、夜間学部に通いました。授業は基本的に、夕方5時半からなので、バイトを入れる日は早朝の平日6時から11時まで勤務と、土日どちらかの朝6時から15時までなどのシフトが多かったです。
大学が下宿先から、徒歩だった為、バイト先も徒歩圏内で、探し、近隣私立大学内にあるコンビニエンスストアで、入学してすぐに、とりあえず生活費を稼ぎ始めました。

店長が、コロコロと替わるので、その時々の店長によって、休みの都合を聞いてもらいやすかったり、そうでなかったり、とバラバラでした。
外国語学部だったため、普段からの課題も多く、家事と予習とバイトに追われる日々でしたが、一年、そんな生活を送り、大学生活にも慣れた頃、土日の空いた時間は、割のイイバイトをして、有効活用したいと思い、そんな折、新たに見つけたのが、派遣社員として、家電量販店での携帯電話販売受付の仕事でした。

時給はなんと1400円。今思い返しても、一番効率のいい収入源でした。
ただ、その代わり、テスト期間などお構いなしに、土日祝日は、基本すべて勤務しなければならないというのが、登録した派遣会社の方針でした。当時の、KDDIポケット(現Ymobileの、専属担当だった為、派遣先であるはずの、KDDIの担当営業の方が、毎週勤務でなくても構わないと、おっしゃってくれているにも、関わらず、です。

平日のコンビニエンスストアも掛け持ちで続けていた為、日々、休みがない状態になり、さすがに体調を崩して当日、お休みの連絡をいれた際にも、派遣会社の担当から、嫌味を言われる始末でした。携帯会社の営業さんは、とても優しい方だったので、それだけが何よりの拠り所でした。

本当にお金に困った時には即日融資できる消費者金融でお金をかりてどうにか給料日までしのいだこともありました。まじめに働くのが一番なんですけどね。でも万が一のために備えておくことは大切ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です